ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年05月25日 20時25分 公開

「Yahoo! MAP」、最短20分前の街の混雑状況をヒートマップで表示可能に

ヤフーが地図上で混雑状況を確認できる機能をアップデートした。

[山口恵祐,ITmedia]

 ヤフーは5月25日、地図アプリ「Yahoo! MAP」(iOS/Android)上で街の混雑状況を表示する機能「混雑レーダー」を強化し、最短で20分前の状況を確認できるようにしたと発表した。

photo

 同社が提供するスマートフォン向けアプリのユーザー位置情報から統計的に算出した人の混雑状況を、地図上にヒートマップとして表示する機能のアップデート。画面下部に表示されるスライダーを動かして、時間の推移による混雑状況の変化を見られる。

 従来は最短2時間前から26時間前の混雑状況の表示に対応していたが、今後は最短20分前から24時間20分前までの状況を確認できる。

 同機能はWebブラウザで見られる「Yahoo!地図」でも使える。ヤフーは「混雑を避ける行動の参考としていただき、新型コロナウイルス感染症拡大の防止に役立ててほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.