ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年06月04日 13時55分 公開

Zoom、エンドツーエンドの暗号化を有料プランのみにするのは「FBIに協力したいから」とCEO

ZoomのCEOが業績発表後のWeb会見で、エンドツーエンドの暗号化を有料版にのみ追加する理由を、「悪用された場合に法執行機関に協力するため」と語った。

[ITmedia]

 Web会議サービス「Zoom」を運営する米Zoom Video Communicationsは6月2日(現地時間)、第1四半期(2〜4月)の業績発表後のWeb会見で、エンドツーエンドの暗号化(E2EE)を有料版でのみ可能にする理由を、「法執行機関に協力するため」と語った。

 エリック・ユアンCEOは質疑応答で「無料ユーザーにはE2EEを提供したいと思わない。誰かがZoomを悪用した場合、FBIや地域の法執行機関に協力したい」と語った。

 zoom 業績発表後のWeb会見で質問に答えるエリック・ユアンCEO

 これについて、米TechCrunchなどが批判したところ、同社のプライバシー関連のアドバイザーを務めるアレックス・スタモス氏は3日、「Web会議サービスで無料でE2EEを提供しているところはない。WebExのE2EEは有料だ」とツイートした。「ZoomのCEOがこれらの決定(E2EEを有料にのみ追加すること)をした。私は製品がユーザーやその他の人々にとって有害にならないよう、支援していく」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.