ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月03日 06時55分 公開

ZoomのCEOが一連の問題について謝罪 修正と透明性を約束

新型コロナの影響でユーザーが急増したWeb会議サービスZoomで次々と明らかになった問題について、創業者CEOが謝罪し、向こう90日間リソースを集中して対策に取り組むと約束した。過去3カ月でユーザー数は1000万人から2億人に増加したという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Web会議サービス「Zoom」を運営する米Zoom Video Communicationsの創業者でCEOのエリック・ユアン氏は4月2日(現地時間)、ここ数日に指摘された一連の問題について謝罪し、向こう90日間は新機能を追加せずに問題修正に専念すると語った。また、透明性レポートも公開すると約束した。

 yuan

 ユアン氏はZoomのサービスが「皆様と私たち自身のプライバシーとセキュリティの期待に応えていないことを認識し、深く謝罪する」とし、対策について説明した。

 同氏は一連の問題の背景を、Zoomは企業内での利用を前提に構想したサービスだが、新型コロナウイルス感染症対策で家庭や学校での利用が急増したため、「プラットフォーム構築の際に予期していなかった課題が生じている」と説明。

 無料および有償の会議参加者数が、2019年12月末の時点で約1000万人だったのが、3月には2億人以上に膨れ上がったと語った。

 また、ジャーナリストやセキュリティ専門家が問題を指摘してくれたことに感謝した。

 指摘された問題で既に対処したこととして、以下を挙げた。

 暗号化についてのブログでは、「エンドツーエンドの暗号化を使用できると誤って示唆したことによって引き起こされた混乱について謝罪する」としているが、本稿執筆現在、トップページにある会議室をエンドツーエンドで暗号化しているという表記はそのままだ。ブログへのリンクもまだない。

 encryption 4月3日現在のトップページの表記

 向こう90日間は新機能の追加を停止し、以下の取り組みに専念する。

  • 社外の専門家やユーザーと共同でのサービス全体のレビュー
  • 透明性レポートの準備
  • 現行のバグ発見報償機プログラムの強化
  • 業界全体のCISO(情報セキュリティ管理最高責任者)評議会の立ち上げ
  • 侵入テスト実施による問題の特定と対処
  • これらの取り組みの進捗を報告するウェビナーの毎週開催

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.