ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年03月31日 17時41分 公開

ZoomのFacebookへのデータ転送(停止済み)で集団訴訟

新型コロナ対策の在宅勤務でユーザー急増中のWeb会議サービス「Zoom」の運営会社が、iOSアプリでユーザーに無断でユーザーデータをFacebookに転送していたとして集団訴訟を起こされた。「Facebook SDK」を採用していたためで、指摘を受けたZoomは既にデータ転送を停止している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Web会議サービス「Zoom」のユーザーデータがユーザーに無断で米Facebookに転送されていた件で、同サービスを運営する米Zoom Video Communicationsを相手取った集団代表訴訟が起こされた。データ転送について最初に報じた米MOTHERBOARDが3月30日(現地時間)、訴状を添えて報じた。

 zoom

 原告は、Zoomがデータの転送についてユーザーから同意を得なかったのは、米カリフォルニア州のデータ保護法に違反すると主張する。

 この問題は、MOTHERBOARDのジョセフ・コックス記者がZoomのiOSアプリをレビュー中に気付いたとしてZoomに連絡し、26日に報じた。Zoomはこれを受けて公式ブログで、iOSアプリでサービスにFacebookアカウントでログインできるようにする目的で「Facebook SDK」を採用したため、意図せずユーザーデータを転送してしまっていたとして、Facebook SDKの採用をやめたと発表。Facebook SDKを採用していない最新バージョンにアップデートするようユーザーに呼び掛けた。

 原告は、ZoomはFacebokに既に渡ってしまったデータを削除したかどうかも保証していないと主張する。

 FacebookがこのSDKで収集するデータは、ユーザーのIPアドレス、iOSのタイムゾーン、iOSのバージョン、使用言語、使用端末の機種、通信キャリア、広告主IDなど。

 Zoomは29日に公式ブログで、ユーザーのプライバシーとセキュリティが同社の最優先事項だとあらためて主張した。Zoomは過去にユーザーデータを販売したことはなく今後もしないこと、会議を監視したりせず、会議の主催者が保存しない限り、会議とそれに関連するデータを保存しないことなどを説明した。

 新型コロナウイルス感染症対策でテレワークを強いられる人が増える中、Zoomの利用者は急増している。米調査会社App Annieによると、新型コロナのパンデミック認定後の3月第2週のZoomアプリのダウンロード数は昨年第4四半期の週平均の数十倍に上ったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.