ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年03月17日 19時20分 公開

DropboxとZoomが連携強化 ビデオ会議の録音・録画・文字起こしをDropbox上に保存可能に

DropboxとZoomの連携機能が強化。Zoom上で録音・録画したデータをDropboxに保存できる新機能などに対応した。当初は英語のみに対応するが、Zoomミーティングを文字起こししたファイルもDropboxに保存できるようになった。

[ITmedia]

 Dropbox Japanは3月17日、クラウドストレージ「Dropbox」と、米Zoom Video CommunicationsのWeb会議ツール「Zoom」の連携機能を拡充したと発表した。Zoom上でWebミーティングを録音・録画すると、そのファイルをDropboxに保存できる新機能などに対応した。

 同機能の他、Zoomが持つミーティング内容の文字起こし機能と連携し、参加者の会話を瞬時にテキスト化した上で、そのファイルをDropboxに保存できる機能も追加した。現時点での対応言語は英語のみ。

photo DropboxとZoomが連携強化

 Dropboxは、格納しているテキストファイルの内容を認識し、全文検索できる機能も持つため、会議で話題になったキーワードを検索バーに入力すると、文字起こししたファイルを素早く発見できるという。

 資料共有機能も強化。Zoomミーティングの参加者にDropbox内のコンテンツを共有する際、従来はZoomの画面上で共有先のユーザーIDを指定する必要があったが、今後はDropboxのアプリからもミーティング参加者にファイルを共有できる。

2018年から連携

 米国本社のDropboxとZoom Video Communicationsは、2018年秋に戦略的パートナーシップを締結。Zoomミーティング中にDropbox内のコンテンツを参加者に共有できる機能や、 Dropboxの画面上からZoomミーティングに参加できる機能などを共同で提供してきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.