ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年06月05日 12時04分 公開

Google、2020年米大統領選のキャンペーンチームに中国とイランの攻撃があったと警告

Googleのセキュリティ担当者が、ジョー・バイデン氏の選挙キャンペーンチームに中国が、ドナルド・トランプ氏のチームにはイランが、それぞれサイバー攻撃を仕掛けたとツイートした。侵入された形跡はないとしている。

[ITmedia]

 米Googleのセキュリティ担当ディレクターが6月4日(現地時間)、個人のTwitterアカウントで、中国のサイバー攻撃グループが民主党のジョー・バイデン議員の選挙キャンペーンスタッフを、イランのサイバー攻撃グループは共和党のドナルド・トランプ大統領の選挙キャンペーンスタッフをそれぞれターゲットにしているとツイートした。今のところ侵害された形跡はないという。

 セキュリティ部門脅威分析グループでディレクターを務めるシェーン・ハントリー氏は、ターゲットにされたユーザーに警告を送り、連邦法執行機関に報告したとしている。


 米国では2016年の大統領選で中国やロシアなどによる介入が選挙結果に影響したとされている。

 Googleは2月、米国の大統領選の候補者およびそのキャンペーンチームに同社のセキュリティ製品を無償で提供すると発表した。

 google G Suiteの警告画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.