ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年06月16日 09時49分 公開

eBay元従業員、批判した記者への嫌がらせで起訴される 脅迫メッセージや生きたゴキブリの送りつけ

eBayの従業員6人が同社を批判した記者に匿名の脅迫メッセージを送ったり、生きたゴキブリや血まみれのブタマスクを送りつけるなどの嫌がらせをしたとして起訴された。eBayは法執行機関から通知を受けた段階で従業員らを解雇し、企業としての行動ではなかったとしている。

[ITmedia]

 米EC大手eBayの元従業員6人が6月15日(現地時間)、「サイバーストーキング」の疑いで起訴された。eBayに批判的なニュースレターの編集者とその夫に対し、匿名で脅迫的なメッセージを送信したり、生きたゴキブリや葬式の花輪、血まみれのブタのハロウィンマスクなどを送りつけ、さらには被害者の自宅のガレージに侵入し、車にGPS追跡端末を取り付けようとした。

 起訴されたのは、eBayの元安全およびセキュリティ担当上級ディレクターなどの幹部を含む6人。起訴状によると、eBayの幹部チームはそれまでも、ニュースレターへの匿名のコメントで問題を起こしていたという。このニュースレターがeBayを巡る訴訟についての記事を公開した昨年8月に、同社の経営幹部チームがニュースレターの編集者を「排除する」べきだとするテキストメッセージを送信したとある。

 eBayは同日、この件に関する声明文を発表し、昨年8月に法執行機関から起訴された従業員について通知を受けてすぐに内部調査を行い、関係者を解雇したと説明。「当社が起訴されたわけではない」としている。

 社内調査では、事件発生当時のCEO,デヴィン・ウエニグ氏がこの件を知っていたかどうかも確認したが、一連のサイバーストーキングを知っていた証拠はなかったとしている。ウエニグ氏は昨年9月に辞任した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.