ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月30日 10時40分 公開

Apple Silicon搭載開発用Macの環境ベンチマークで分かった現在のRosetta 2

Developer Transition Kitのベンチマーク結果が多数投稿されている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Geekbench Browserに、AppleがWWDC 2020で発表した「Universal App Quick Start Program」で、デベロッパーに有償貸し出しされたApple Siliconを搭載した開発用Mac「Developer Transition Kit」のRosetta 2環境におけるGeekbench 5 for Mac (Intel) で計測したCPUベンチマーク結果が多数投稿されている。

photo VirtualApple 2400 MHz (4 cores)

 iPad Pro 11-inch (2nd generation) のiPadOSネイティブGeekbench 5 for iOSと比較すると、CPUのシングルスコアで25%ダウン、マルチスコアで37%ダウンという結果になっている。

 現状、まだRosetta 2も初期ベータ段階で、また、Apple Development PlatformのMac App StoreでGeekbench 5 for iOSがダウンロードできないようなので、ネイティブ性能は不明。

photo eperm-d995af6e2ef02771

 Geekbench 5 for Mac (Intel) で計測したGPUベンチマーク結果も投稿されている。

 Rosetta 2環境とはいえ、iPad Pro 11-inch (2nd generation)のネイティブGPUベンチマーク結果に近い性能が出ているようだ。

  • Apple Development Platform/Apple A12Z Bionic、メモリ16GB、512GB SSD、USB-C x2(USB3.2 Gen2)、USB-A x2、HDMI 2.0、802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5.0、Gigabit Ethernet
photo Developer Transition Kit

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.