ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月30日 12時55分 公開

楽天モバイル、シンガポールに新拠点 仮想化ネットワーク基盤の外販を強化

楽天モバイルがシンガポールに新拠点を設立した。仮想化技術を活用したモバイルネットワーク構築プラットフォームのグローバル販売やマーケティングを強化する。

[谷井将人,ITmedia]

 楽天モバイルは6月30日、シンガポールに新拠点を設立したと発表した。同社が開発を進める、仮想化技術を活用したモバイルネットワーク構築プラットフォームのグローバル販売やマーケティングを強化する。

photo RCPの概念図

 楽天モバイルの完全子会社としてRakuten Mobile Singaporeを2019年10月2日付けで設立した。代表取締役社長には島田博典氏、取締役副社長にはラウル・アトリ氏が就任する。

 楽天モバイルは、これまで専用のハードウェアを使って構築されてきた携帯電話向け基地局やネットワーク機器の機能を汎用のサーバなどで動かせるようにするプラットフォーム「Rakuten Communications Platform」(RCP)を開発。日本で提供する携帯電話サービスで利用している他、グローバルの通信事業者や政府、自治体、その他の企業などへの販売を目指している。新拠点はRCPの開発センターとして稼働。RCPの販売やマーケティングの本社機能も置く。

photo RCPの概念図

 今後は米国でのRCP販売拠点となる子会社をカリフォルニア州に設立する予定。海外展開を継続的に強化する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.