ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月14日 10時40分 公開

Apple、ベイエリアの住宅費高騰対策に4億ドル提供 ホームレス向け住宅建設も

2019年に発表していたAppleの住宅対策、初年度は4億ドル規模に。

[松尾公也,ITmedia]

 米Appleは7月13日(現地時間)、2020年にカリフォルニア州の住宅問題対策に4億ドルを投じると発表した

photo シリコンバレーの住宅事情を改善するためにAppleは4億ドルを投じる

 Appleは2019年11月に、総額25億ドルの包括的基金を設立し、複数年にわたってカリフォルニア州の住宅危機対策に提供すると発表していた。その初年度となる今年は、ベイエリア、シリコンバレーに低価格の住宅を建設し、ホームレスなど住宅難に直面している人々の手助けをするための活動をHousing Trust Silicon Valley、California Housing Finance Agency (CalHFA) 、Destination: Homeといった地元企業・団体と協力して行う計画だ。

photo シリコンバレーのサンタクララに建設される、ホームレスのための集合住宅

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.