ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年07月14日 11時38分 公開

この頃、セキュリティ界隈で:“犯罪者チャット潜入捜査”成功させた欧州警察のマルウェア大作戦 暗号破って通信を傍受、数百人逮捕 (1/2)

犯罪者が巣食うメッセージングサービスで欧州警察の「高度な攻撃」はどのように展開されたのか。

[鈴木聖子,ITmedia]

 「当社のドメインが不法占拠されました。高度な攻撃を仕掛けられ、セキュリティを弱めるマルウェアを使われたために、もはやあなたのデバイスの安全性を保証できません。直ちにデバイスを破棄してください」――。高度な暗号化と完全な匿名性をうたっていたメッセージングサービスのプロバイダーが、ある日、顧客にそんな通知を送信した。

 通知を受け取った顧客は、世界各国で殺人や麻薬取引などにかかわっていたとされる犯罪組織のメンバーだった。そして「高度な攻撃」を仕掛けていたのは欧州の捜査当局。この時点で既に同サービスに潜入し、ユーザーが取引交渉や犯行の計画などについて送受信するメッセージを密かに傍受して、内偵捜査を進めていた。

 欧州刑事警察機構(Europol)や英国家犯罪対策庁(NCA)など欧州の捜査当局は7月2日、犯罪者専用のグローバルコミュニケーションサービス「EncroChat」を摘発したと発表した。潜入捜査を通じて英国やフランス、オランダなど多数の国で容疑者数百人が逮捕され、大量の麻薬や多額の現金、武器弾薬などを押収。誘拐や殺人未遂といった凶悪犯罪や、汚職、大規模な麻薬取引などを阻止したとしている。

photo 欧州刑事警察機構のプレスリリース

 ニュースサイトのVice Motherboardは独自取材をもとに、EncroChatを利用していた麻薬ディーラーの動転ぶりを次のように伝えた

 偶然の一致かもしれないが、同じ時期に、英国と欧州全土の警察が幅広い犯罪を摘発した。6月半ばには別の麻薬組織のメンバーが摘発され、数日後には捜査当局が数百万ドル相当の違法薬物をアムステルダムで押収した。まるで警察が、全く無関係の犯罪集団のメンバーを同時に拘束しているかのようだった。

 「あれは警察だらけなのか」。Motherboardが入手したメッセージの中で、ディーラーはそう記していた。「頭がまだ混乱している。手下が全部やられた」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.