ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年07月15日 13時48分 公開

ボンバーマンシリーズ最新作、Googleのクラウドゲーム「Stadia」で秋に公開

Googleが提供するゲームストリーミングサービス「Stadia」(日本では未提供)に、コナミがボンバーマンシリーズで参入する。

[ITmedia]

 コナミデジタルエンタテインメントは7月15日、Googleが欧米14カ国で提供している(日本はまだ)ゲームストリーミングサービス「Stadia」に参入すると正式に発表した。

 第1弾として、「ボンバーマン」シリーズの最新作「SUPER BOMBERMAN R ONLINE」を秋にリリースする。「スーパーボンバーマン R」(Nintendo Switch)をベースにしたゲームで、最大64人でオンライン対戦できる「Battle 64」モードを搭載した。

画像 公式YouTubeより

 Stadiaは、Googleが昨年11月に始めたサービス。ゲームのデータやプログラムをクラウドサーバ上で処理するため、ネット接続したスマートフォンやPCがあれば、専用ハード不要で遊べるのが特徴だ。有料版の「Pro」(月額9.99ドル)と、無料版がある。専用コントローラーも販売されている。

 昨年3月のStadia発表時、コナミの参入は明らかになっていなかったが、発表会で専用コントローラが紹介された際、背面に「[↑][↑][↓][↓][←][→][←][→][B][A][Start]」と“コナミコマンド”が書かれていたため、コナミの参入を予想する声も出ていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.