ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年01月17日 10時50分 公開

Google、ゲームストリーミング「Stadia」で年内120本以上のゲーム提供

Googleが、米国などで提供中のゲームストリーミングサービス「Stadia」に2月に新たに10本以上の独占ゲームを追加すると発表した。年内に120本以上追加する計画。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月16日(現地時間)、昨年11月に米国など14カ国で立ち上げたゲームストリーミングサービス「Stadia」で、2020年内に120本以上のゲームを提供すると発表した。

 立ち上げ段階ではわずか22本のゲームしかなく、本稿執筆現在は42本だが、上半期中に新たに10本以上のゲームを追加する。これらは、Stadiaでしかプレイできないものになる。

 stadia 1 現在のStadiaのゲームラインアップ

 具体的なパートナーやゲーム名は明らかにしていないが、2月に詳細を発表する計画という。

 また、第1四半期中あるいは以降にWebでの4Kゲームのサポート、Webでのアシスタント機能の利用、WebでのStadiaコントローラを使った無線プレイのサポートなどを追加するとしている。

 stadia 2 オリジナルコントローラ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.