ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月16日 09時56分 公開

Google、インドJio Platformsに45億ドル投資 デジタル化ファンドの一環で

100億ドルの「インドデジタル化ファンド」を発表したGoogleが、まずはインドの総合デジタル企業Jio Platformsに45億ドル投資する。Androidベースの安価なスマートフォンを共同開発する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月15日(現地時間)、インドの総合デジタル企業Jio Platformsに45億ドル(約4811億円)を投資し、同社の株式の7.73%を取得する契約を結んだと発表した。13日に発表した「Digitization Fund(デジタル化ファンド」の一環。

 jio 1

 デジタル化ファンドは、5〜7年間に約100億ドルを投資し、インドのデジタル経済を加速させることを目的とするファンド。その半額弱をJio Platformsに投じることになる。

 この提携の下、両社はAndroidベースの低価格スマートフォンを共同開発する。

 jio 2 JioのWebサイトより

 インドの総人口は約14億人。現在インターネットに接続するのは約5億人であり、スマートフォンを所有する人はさらに少ないという。手ごろなスマートフォンを提供することで、より多くの人々にネットへの接続を提供していく。

 「インドのために取り組んだ経験が、最終的には世界中に拡大できると確信している」という。Googleはかつて、エントリーレベルのAndroid端末「Android One」を最初にインドで提供した。

 Jio Platformsに対しては、米Facebookも4月に57億ドル投資している。FacebookはJioのスモールビジネスサービスJioMartとWhatsAppの統合などを計画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.