ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月17日 14時10分 公開

シャープ、マスク日産60万枚に到達 販売数も増加へ

シャープは7月17日、マスク生産の効率が向上し、今週半ばまでに日産60万枚に到達したと発表した。次回マスク抽選販売では当選者を増やす。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは7月17日、マスクの生産効率が向上し、日産60万枚に到達したと発表した。マスク1枚あたりを生産する時間を短縮した他、良品率も改善した。これを受け、次回のマスク抽選販売では販売数を1000箱増やして8万7000箱とする。

シャープの三重工場(出典はシャープ)

 シャープは、政府の要請を受けて3月24日にマスク生産を始めると表明。液晶パネルなどを作っていた三重工場のクリーンルームにマスク製造装置を運び込み、不織布マスクの生産を始めた。当初の生産枚数は一日15万枚だった。

 当初2つだった生産ラインは徐々に増強し、現在は「数倍の規模」に。マスクの生産枚数は6月下旬に目標だった一日50万枚を突破し、7月16日に初めて60万枚を超えたとしている。

シャープの不織布マスクは1箱50枚入りで2980円(税別、送料別)

 シャープの不織布マスクは1箱50枚入りで2980円(税別、送料別)。15日に行った第12回抽選販売の新規応募は7万2022件で当選倍率は約100倍だった(前回までの応募者も抽選対象)。次回抽選は22日の予定で、前日正午までの応募を対象とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.