ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月28日 15時03分 公開

7nmプロセスCPU大幅遅延のIntel、最高エンジニアリング責任者が退社

第2四半期の業績発表で7nmプロセスCPUが大幅に遅延していることを明らかにしたIntelが、ハードウェア部門トップの退社と組織改編を発表した。7nmプロセスの責任者も交代する。

[ITmedia]

 米Intelは7月27日(現地時間)、ハードウェア部門の改編と、ハードウェア全体を統括してきた最高エンジニアリング責任者(CEO)のマーシー・レンドゥチンタラ氏の退社を発表した。

 同社は23日の第2四半期(4〜6月)の業績発表で、7nmプロセスCPUの開発が社内目標より約12カ月遅れており、その結果製品化も約6カ月遅れると語った。

 intel 業績発表資料より

 これまでレンドゥチンタラ氏が率いてきたハードウェア部門は技術開発、製造、設計エンジニアリング、アーキテクチャ、サプライチェーン管理の5部門に分割され、各グループのリーダーはボブ・スワンCEOの直属になる(レンドゥチンタラ氏の後継者はなし)。

 CPU開発を担う技術開発部門のリーダーは、マイク・メイベリー氏に代わり、アン・ケレハー氏が務める。ケレハー氏は、7nmおよび5nmプロセスを推進していく。メイベリー氏はケレハー氏への引き継ぎ後、年内に退社する予定。

 anne マーシー・レンドゥチンタラ氏(左)とアン・ケレハー氏

 レンドゥチンタラ氏は2016年、米Qualcommから引き抜かれてIntelの最高エンジニアリング責任者に迎えられた。

 Intelの第2四半期決算は、売上高は前年同期比20%増の197億ドル、純利益は22%増の51億ドル(1株当たり1.19ドル)で、いずれもアナリスト予想を上回ったが、7nmプロセスの遅れが不安材料となり、株価が下落した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.