ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月30日 11時48分 公開

洋服の青山、保冷剤付き夏用マスクを店頭で追加販売 完売・品薄受け、25万枚増産

洋服の青山で、保冷剤で口元を冷やす夏向けマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」が8月8日から順次販売される。価格は1枚790円(税別)。

[ITmedia]

 「洋服の青山」を運営する青山商事は7月30日、保冷剤で口元を冷やす夏向けマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」を25万枚増産し、8月8日から店頭限定で順次販売すると発表した。価格は1枚790円(税別)。

photo 保冷剤で口元を冷やすマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」

 マスク1枚に保冷剤(1つ10g)が2つ付属するセット。同社が扱う布マスク「抗ウイルス加工マスク」の内側に、保冷剤を入れる2カ所のポケットを取り付けた。保冷剤を入れると、外気温が30℃のときでマスク内は10℃ほど低くなるという。保冷剤の冷却効果は30分ほど続き、1時間ほど保冷剤を再冷凍すると繰り返し使える。

photo マスクの内側に保冷剤を入れる

 カラーは、白色、ネイビー、グレー、ライトグレー、サイズは「ふつう」「やや小さめ」を用意する。

photo カラーは、白色、ネイビー、グレー、ライトグレー

 同社は7月に同種の夏向けマスクを発売。ECサイトで抽選販売、店頭で整理券を配って販売していた。各店で即時完売や品薄状態となったため、追加販売を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.