ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月07日 06時05分 公開

萩尾望都の新作マンガ、App Storeアプリに登場 iPadとAdobe Frescoで描き始める

ガリレオ・ガリレイの生涯を描いた萩尾望都さんの新作マンガがiPhone、iPadで読める。

[松尾公也,ITmedia]

 萩尾望都さんの新作マンガ『ガリレオの宇宙』が8月7日、iOSアプリ「App Store」のTodayコーナーに掲載された。同作品は縦スクロールスタイルの描きおろしマンガで、前後編で構成。萩尾さんがiPadを使って作り上げた初めてのマンガだという。

photo App Storeに掲載された新作マンガ

 制作の舞台裏を描くインタビュー「萩尾望都の新しい筆」では、iPad、Apple Pencilと「Adobe Fresco」で描いたことが明かされている。以前からイラストにはiPadを使っていた萩尾さんだが、マンガ作品に導入するのは初めて。

 萩尾さんは、Apple Pencilの筆が軽いため腱鞘炎気味の手に負担が少ないことと、アナログの3〜4倍の短時間で描けるので目の疲れも少なくて済むことをメリットとして挙げ、クラウドストレージサービスの「Box」を活用することでアシスタントとのコラボレーションがうまくいったとも語った。

 App StoreアプリはiPhoneやiPadに標準搭載されており、そのTodayコーナーでは、単なるアプリ紹介に限定しない特集を掲載している。同じTodayコーナーでは2019年8月、多田由美さんがiPadと「Procreate」を使って描いたオリジナルマンガも掲載している。

photo 萩尾望都さんの制作スタイル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.