ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月24日 17時18分 公開

アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が電子商取引の協議会を設立

アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が電子商取引の協議会を設立。違法・悪質出品や不正レビューなどに対する取り組みを検討し、消費者にとって安全な取引環境を構築する。

[ITmedia]

 アマゾンジャパン、メルカリ、ヤフー、楽天は8月24日、企業間でECサイト運営などに関する情報交換を行う「オンラインマーケットプレイス協議会」を設立したと発表した。外部への情報提供や行政機関との連携などを通じて、消費者にとって安全な取引環境の構築を目指す。

photo オンラインマーケットプレイス協議会による発表(公式Webサイトより一部抜粋)

 同協議会では、各事業社の出品ガイドラインや違法・悪質出品、不正レビューなどに対する取り組みを共有し、ECサイトで発生するトラブルなどの情報を収集。行政機関や消費者団体などとも連携しながらトラブルや課題への対応を検討し、消費者が安全に取引できる環境作りに取り組むという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.