ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年08月25日 16時44分 公開

JAL、自動チェックイン機の操作を非接触で可能に 赤外線センサー活用、羽田で実験

JALは、タッチパネル式の自動チェックインに赤外線センサーを搭載することで、画面を指で直接触れずに、非接触で搭乗手続きなどを行う実証実験を羽田空港で始めた。

[ITmedia]

 JALは、空港に設置している自動チェックイン機を、非接触で操作できるようにする実証実験を8月24日に始めた。羽田空港のタッチパネル式自動チェックイン機のうち2台に、赤外線センサーを搭載。画面を指で直接触れずに操作できるようにした。9月15日まで実験する。

画像

 自動チェックイン機に、沖電気工業製の赤外線タッチレスセンサーを取り付けることで、画面から3センチほど離れた空中で指を動かして操作でき、画面に直接触れることなく搭乗手続きや座席指定できるようにした。

 同社の空港や機内の安全・安心な環境づくりに向けた取り組みの一環という

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.