ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年08月26日 15時09分 公開

ヤフオク!、消毒液・マスクの出品を引き続き禁止 転売規制解除後も、メルカリやラクマに並び

ヤフーが、オークションサイト「ヤフオク!」へのマスクや消毒用アルコールの出品を、政府が転売規制を解除した後も引き続き禁止することを発表。政府からマスクなどの安定した供給に配慮するよう要請されているためという。

[ITmedia]

 ヤフーは8月25日、オークションサイト「ヤフオク!」へのマスクや消毒用アルコールの出品を、政府が転売規制を解除した後も引き続き禁止すると発表した。政府からマスクや消毒用アルコールの安定供給に配慮するよう要請されているのが理由という。政府は国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正し、29日からマスクや消毒用アルコールの転売規制を解除する予定。

 出品を引き続き禁止するのはマスク(市販品、手作り問わず)、消毒用エタノール、ハンドソープなど。フリマアプリ「ラクマ」を運営する楽天、「メルカリ」を運営するメルカリも同様の発表を行っており、29日以降もマスクや消毒用アルコールの出品を禁止している。

photo ヤフーの発表

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、2020年2月ごろから、ヤフオク!などのネットオークションサイトやフリマアプリではマスクや消毒用アルコールの高額転売が相次いでいた。

 この流れを問題視した経済産業省は2月、オークションサイトを運営する企業らにマスクや消毒用アルコールの出品自粛を要請。この呼びかけを受け、ヤフオク!は3月11日からマスク、5月22日から消毒用アルコールなどの出品を禁止し、これらの出品を確認した場合には、商品を削除するなどの対応を行っている。

【訂正:2020年8月26日午後4時47分 当初、ヤフオク!がマスクの出品を禁止したのは3月14日と記載していましたが、正しくは3月11日だったため訂正しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.