ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月02日 13時30分 公開

イトーヨーカドーがAI発注システム導入 作業時間を3割削減

イトーヨーカ堂がAIを活用した商品発注システムを全国132店舗で導入。データを基に最適な販売予測数を担当者に提案し、発注作業にかけていた時間を減らす。

[ITmedia]

 イトーヨーカ堂は9月1日、AIを活用した商品発注システムの運用を始めた。価格や商品陳列の列数、天候、曜日ごとの特性、客数などの情報を分析し、最適な販売予測数を発注者に提案。発注担当者はこのデータを踏まえ、発注判断を行う。

AI発注導入の背景

 対象の商品は、カップ麺や菓子などの加工食品、冷凍食品、アイス、牛乳といった約8000品目。2018年春から実施しているテスト店舗では、担当者が発注作業にかける時間を平均で約3割削減でき、営業時間中に在庫がなくなることも減ったという。スタッフが発注業務にかけていた時間は、接客業務や作業場づくりに充てる。

 全国のイトーヨーカドー132店舗で導入する。このうち33店舗はテスト時に導入済み。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.