ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月03日 12時39分 公開

デザイン一新のiPhone 12用ケース、国際雑貨EXPOで複数展示

iPad Pro 11-inchのようなデザインになるという噂のiPhone 12。それに合わせた製品が多数登場していた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 2020年9月2〜4日、東京ビッグサイト 西展示棟にて開催中の「第15回国際雑貨EXPO夏」では、次期iPhone 12シリーズ用のケースやガラス保護フィルムが先行展示されていた。

 サンクレストは、IJOYシリーズ、CAT FLIPシリーズに、5.4インチモデル用、6.1インチモデル用、6.7インチモデル用の3種類を追加するようだ。

photo サンクレスト

 同社は、新しいIJOYシリーズケースに、ウイルスを減少させる効果をうたう抗ウイルス・抗菌フィルム「Cu⁺ブロック衝撃吸収フィルム」を同梱するという。

photo サンクレスト

 こうした抗菌フィルムは、今年後半の主流になりそうだ。

 MSソリューションズは、端末を衝撃から守る、PET×TPU素材のハイブリッドケース、PALLET AIRシリーズに、5.4インチモデル用、6.1インチモデル用、6.7インチモデル用の3種類を追加するようだ。

photo MSソリューションズ

 背面ハニカム構造と側面リブで耐衝撃性能が向上しているという。

 硬度10H(10H鉛筆での硬度テストをクリア)のガラス保護フィルムも展示されていた。

photo MSソリューションズ

 iPhone 12シリーズは、iPad Pro 11-inchのようなデザインになると噂されていて、その画面フチまで保護することを強調したパッケージとなっていた。

 エム・ディー・シーは、次期iPhone 12シリーズ用のニューバランスデザインケースを多数展示していた。

photo エム・ディー・シー

 5.4インチモデル用、6.1インチモデル用、6.7インチモデル用の3種類で展開するそうだ。

撮影:iPod Style

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.