ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年09月03日 19時05分 公開

NTTデータ、脳科学でヒット曲の特徴を可視化 4カ月先の音楽チャート予測も

NTTデータが、人間の脳の活動を推定する技術を活用して、ヒット曲の特徴の可視化や、4カ月先の音楽トレンドの予測などができる技術を開発した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTデータは9月3日、人間の脳の活動を推定する技術「NeuroAI」を活用してヒット曲の特徴の可視化や、4カ月先の音楽トレンドの予測などができる技術を開発したと発表した。

photo

 同社は2019年9月に、阪神コンテンツリンク(大阪市)が持つBillboard JAPANの音楽チャート情報とNeuroAIを組み合わせた研究をはじめた。16年12月から20年5月までに日本の音楽チャートで100位以内に入ったヒット曲2185曲を活用して、人間がヒット曲を聴いた際の脳の活動を研究。音楽の特徴を脳の活動から評価する技術を開発した。

 研究では、音楽を聴いた際の脳の活動を1秒ごとにNeuroAIで予測。音楽の歌詞やコード進行、過去の音楽チャートなどの情報と組み合わせて分析し、ヒット曲に共通する特徴の可視化に成功したという。

 分析した音楽の特徴を時系列に整理することで、過去のトレンドのパターンを基に最大で4カ月先の音楽トレンドを予測する技術も開発した。実際に20年7月第4週の音楽チャートを予測させたところ、YOASOBI、ヨルシカなどのランキング上昇を予測できた。

photo

 NTTデータはこれらの技術を活用することで、トレンドに合致したCMソングの選定や、トレンドを踏まえた楽曲リリースの支援などが可能になるとしている。

 今後はレコード会社や音楽ストリーミング事業者に、アーティストの発掘やマーケティングを支援するサービスや、脳科学に基づいたプレイリストを作るサービスなどを試験提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.