ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年09月07日 09時26分 公開

Microsoft、公式WebブラウザでのFlash終了について説明

Adobeが年末に予定している「Adobe Flash」終了に合わせ、Microsoftが自社のWebブラウザ(Internet Explore、Microsoft Edge Legacy、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge)でのサポート終了について説明した。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月4日(現地時間)、年末に予定されている「Adobe Flash」の終了に対応する自社Webブラウザ(Internet Explore、Microsoft Edge Legacy、Chromiumベースの新しいMicrosoft Edge)でのFlashサポート終了について説明した。2020年12月以降Flashのサポートを終了することは、Microsoftも既に発表済みだ。

 flash

 Microsoftは現在、Internet Explorer 11と新しいMicrosoft EdgeのIEモードで、Microsoft提供のAdobe Flash Playerを提供している。このFlash Playerは12月末まで引き続き使えるが、それ以降はAdobe Flash Playerのセキュリティアップデートは受信できなくなる。

 2021年1月以降、Flash Playerはデフォルトで無効になり、6月以前の古いバージョンはブロックされる。Microsoftの公式サイトでホストするFlash Player関連のリソースはすべて利用できなくなる。

 サポート終了を待たずにFlashを完全に削除したい場合は、Microsoft Update、Windows Update、WSUSで提供する「Update for Removal of Adobe Flash Player」という更新プログラムを利用する。このプログラムはMicrosoft Updateでは今秋にダウンロードできるようになり、Windows UpdateおよびWSUSでは2021年初頭にオプションとしてダウンロード可能になる。

 この更新プログラムは「永続的」で、アンインストールはできない。

 2021年夏には、Flash Playerに関するすべてのAPI、グループポリシー、UIが公式Webブラウザから削除される。

 米Appleは「Safari 14」でFlashをサポートしなくなる

 米Googleは昨年7月リリースの「Chrome 76」からFlashをデフォルトでブロックしている。Chromeブラウザと新しいEdgeのベースになっているChromiumの「Flash Roadmap」によると、2021年1月リリース予定のChrome 88でChromiumによるFlashのサポートを終了するとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.