ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年10月29日 12時20分 公開

「さようなら、Flash」 Google検索、Flashのインデクシングを終了へ

Googleが、FlashコンテンツのGoogle検索へのインデクシングを2019年内に終了すると発表。

[ITmedia]

 米Googleは10月28日(現地時間)、FlashコンテンツのGoogle検索へのインデクシングを2019年内に終了すると発表した。終了後、Webページに含まれるFlashコンテンツは、Google検索では無視される。同社は「ほとんどの利用者、Webサイトは影響を受けないはずだ」としている。

photo Googleが公開した「さようなら、Flash」と題した記事

 Google検索のクローラーは現在、Webサイト上にあるFlashコンテンツ(SWFファイル)内のテキストなどを読み込み、インデックスに登録している(Googleのヘルプページより)。

 しかしFlashを巡っては、提供元の米Adobe Systemsが20年末にFlash Playerの更新と配布を中止する予定。これに伴ってGoogleも、20年リリースのChromeバージョン87でFlashのサポートを完全に終了する。今回のインデクシング終了も、こうした経緯を踏まえた判断とみられる。

 Googleは公式ブログに「Goodbye(さようなら), Flash」と題した記事を投稿し、サポート終了を発表。「(Flashは)豊かな表現が可能なテクノロジーだったため、多くのクリエイターが刺激を受け、Web上で新しいコンテンツを生み出した」「Webの発展に大きく貢献した。その遺産はHTML5などのWeb規格が引き継いでいくだろう」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.