ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年09月08日 12時43分 公開

ケンタッキー、新商品の注文サイトにアクセス集中 予約を即日終了

日本ケンタッキー・フライド・チキンが、新商品の予約販売を開始当日に即日終了。アクセス集中により、予約サイトに不具合が発生したという。

[ITmedia]

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は9月7日、同日に始めた「カーネルスペシャルパック」の予約販売を打ち切ると発表した。アクセス集中により、予約サイト「KFCネットオーダー」につながりにくくなる不具合が起きたという。当初は10日まで予約を受け付ける予定だった。

photo KFCネットオーダーでの告知

 不具合が発生したのは7日午前。状況を確認した同社は昼ごろ、公式Twitterアカウントを通し、しばらく時間をおいてからアクセスするよう利用者に呼び掛けていた。だがその後も状況は改善せず、午後10時半に予約の終了を発表した。

 この事態を受け、日本KFCは公式Twitterアカウントで「楽しみに待ってくださったお客さまには残念な思いをさせてしまい、おわび申し上げます」と謝罪。

 今後の対応については「お待たせしてしまった皆さまには、何かまずTwitterでできることを考え、早急にご案内できるよう努めたいと思います」とコメントしている。

photo カーネルスペシャルパック

 カーネルスペシャルパックは「オリジナルチキン」や「ポテトL」などを、それぞれ単品で注文するより安い価格でセットにしたネット予約限定の新メニュー。今回の発表を受け、Twitterでは「食べたかったのに残念」「店舗でも販売してほしい」などの声が上がっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.