ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月11日 16時48分 公開

ドコモ口座、現金の不正引き出し被害が拡大 被害額は1990万円に

電子決済サービス「ドコモ口座」から現金の不正引き出しが相次いでいる問題について、NTTドコモは9月11日午前0時までに全国12の銀行で73件、1990万円の被害を確認したと明らかにした。

[安田晴香,ITmedia]

 NTTドコモは9月11日、電子決済サービス「ドコモ口座」から現金の不正引き出しが相次いでいる問題について、同日午前0時までに全国12の銀行で73件、1990万円の被害を確認したと明らかにした。

photo ドコモ口座の公式Webサイトより

 10日正午までに確認した被害は11行で66件、総額1800万円としていたが、被害の拡大が続いている。今後も被害が拡大するかの見通しは「分からない」(同社)という。

 ドコモは現在、連携する全35行の銀行口座の新規登録を停止中。イオン銀行、ゆうちょ銀行など一部では、ドコモ口座へ入金するチャージ機能も停止している。

photo 一部の銀行では、ドコモ口座へ入金するチャージ機能も停止

 同社は10日に緊急の記者会見を開き、被害者やサービスの利用者に対して謝罪した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.