ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月11日 17時11分 公開

“折りたためる書斎”登場 「3秒で収納」

自宅用のブース型書斎「Think Lab HOME」が登場。部屋の一角に作業用のテーブルを作れるブースで、厚さ10センチに折りたためる「Think Lab HOME+」も。

[ITmedia]

 ジンズ子会社で、都内でワーキングスペースを運営するThink Labは9月10日、自宅用のブース型書斎「Think Lab HOME」をMakuakeで発売した。部屋の一角に作業用スペースを作れるブースで、厚さ10センチの板状に折りたためる「Think Lab HOME+」(通常価格4万9900円)と、据え置き型の「Think Lab HOME」(同1万4800円)を用意した。

画像 Think Lab HOME+(左)とThink Lab HOME
画像 Think Lab HOME+

 ジンズのメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」(ジンズ・ミーム)を使った集中の研究から生まれたワーキングスペース。ブースの広さや仕切りの高さなど細部にこだわったという。

 HOME+は組み立て式で、「3秒で収納・使用が可能」という。収納した場合は厚さ10センチ程度になり、使わないときは壁に立てかけておける。

 それぞれ、高さは130センチ。天板から床の高さは70センチ。幅はHOME+が95センチ、HOMEが80センチ、奥行きはHOME+が80センチ、HOMEが70センチと、HOME+のほうが一回り大きい。

 素材は99%古紙・木材繊維を採用。金属やプラスティックの使用を最小限に留め、強度や耐久性に優れた特殊なダンボール素材などを利用しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.