ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月25日 09時45分 公開

Amazon EchoとEcho Dotが球体に Echo Show 10はユーザーを自動追尾

EchoとEcho Dotは球体デザインになった。

[松尾公也,ITmedia]

 Amazon(アマゾンジャパン)は9月25日、音声アシスタントのAlexaで操作するスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの新製品を発表した。

photo 新しいEchoファミリー

 「Amazon Echo」は第3世代まで円柱型だったが、第4世代では底面だけが切り取られたような球体デザイン(直径144mm)に変更。Googleのスマートスピーカーと似たファブリック仕上げとなった。上位モデル「Echo Plus」に搭載しているZigbee対応スマートハブ機能を内蔵し、温度センサーも備える。独自開発の推論エンジン「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」を搭載しており、音声認識を高速化する。高速化は現時点で米国のみ対応だが、日本でも提供予定だ(開始時期は未定)。価格は1万1980円(税込)で10月22日発売予定。予約注文の受付を開始している。カラーはチャコール、グレーシャーホワイト、トワイライトブルーの3種。

 小型の「Echo Dot」と「Echo Dot with clock」はこれまでの低い円柱スタイルから球体にデザイン変更。Echoより小ぶりの直径100mmだ。Echo Dotの価格は5980円(税込)で10月22日発売予定。LEDによる時計機能を備えたEcho Dot with clockは6980円(税込)で11月5日発売を予定している。どちらも予約受付中。カラーはEchoと同じ3つのバリエーションから選べる。

 10インチディスプレイを備えたEcho Showの最上位モデル「Echo Show 10」は第3世代となり、ディスプレイ部がユーザーの声と動きに合わせて左右に350度まで回転し、追尾するようになった。外出先から内蔵カメラにアクセスし、回転機能を使って部屋の監視もできる。Echo同様、Zigbee対応スマートハブ機能を内蔵。価格は2万9980円(税込)で、近日発売予定。カラーはグレーシャーホワイトとチャコールの2種類。

photo 外出先からカメラを動かして部屋の監視が可能

 Echoを車載にする「Echo Auto」も発表した

 テレビ向け小型セットトップボックス「Fire TV Stick」は第3世代となった。プロセッサを1.7GHz駆動のクアッドコアに変更し、第2世代よりもパフォーマンスを50%向上させ、消費電力を半分に抑えたという。Alexa対応リモコンが付属し、HDRとDolby Atmosをサポート。上位モデルの「FireTV Stick 4K」とは異なり、4Kのストリーミングはサポートせず、1080P/60fpsまで。価格は4980円(税込)で9月30日発売予定。予約注文を受付中。

photo Fire TV Stick

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.