ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月30日 17時13分 公開

ユーザーの「オタク性」に最適な広告を 講談社、凸版、CCIがマーケティング新会社

講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズが新会社。「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションなどを提供する

[ITmedia]

 講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は9月30日、講談社のコンテンツなどを活用したデジタルマーケティング事業を展開する新会社「コンテンツデータマーケティング」を2月に設立していたと発表した。

画像 ニュースリリースより

 講談社が蓄積したコンテンツを活用して自然言語解析技術を磨き、あらかじめ利用許諾を得たユーザーのデータを、IDで結びつけて解析。レコメンデーションやマッチングの精度を高め、コンテンツ事業者などにソリューションを提供する。

 具体的には、「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューション「OTAKAD」や、ネットコンテンツを理解して自動的にキーワードを返すツール、LINEメッセージ配信最適化ソリューション、ネットメディアの収益化を支援する事業などを展開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.