ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年10月06日 10時56分 公開

東証、障害の原因を特定 「自動切り替えできない設定値になっていた」

東証の全取引がまる1日停止した、「arrowhead」の障害。ストレージ内でメモリ故障が起き、サブ機にも切り替わらなかった。メモリ故障による障害が起きた際、自動切り替えできない設定値になっていたという。

[ITmedia]

 東京証券取引所は10月5日、株式売買システム「arrowhead」(アローヘッド)で1日に発生した障害の原因を特定し、4日中に修正したと発表した。

 障害は、ストレージ内でメモリ故障が起き、サブ機にも切り替わらなかったことが原因。メモリ故障による障害が起きた際、自動切り替えできない設定値になっていたという。

画像 東証のニュースリリースより

 arrowheadのユーザー情報などを格納するストレージ「共有ディスク装置」の1号機に搭載されたメモリが故障したことに起因。1号機が障害を検知すると、切り替え用設定値に従って自動で2号機に切り替わるはずが、切り替わらなかった。

 調査したところ、メモリ故障が原因の障害パターンが発生した際、自動切り替えできない設定値になっていたという。設定値を変更すれば、自動切り替えできることが判明。4日にシステムに適用し、自動切り替えが動作することを確認したという。

 稼働前のテストでは、1号機と2号機相互の死活監視を途絶えさせても、自動切り替えできていたという。

 1日の障害では、東証の全取引が終日停止した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.