ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月06日 12時04分 公開

観覧車・プールサイドでテレワーク よみうりランドが「非日常」な新プラン 1900円から

よみうりランドが、観覧車の中やプールサイドをワークスぺースとして貸し出すと発表。テレワーク需要に対応し、非日常的な空間で働く機会を提供する。10月15日に提供を始める予定で、価格は1900円から。

[吉川大貴,ITmedia]

 遊園地「よみうりランド」(東京都稲城市)を運営するよみうりランドは10月5日、観覧車の中やプールサイドをワークスぺースとして貸し出すと発表した。テレワーク需要に対応し、非日常的な空間で働く機会を提供する。15日にスタートする予定で、プランの価格は1900円(税込)から。予約は公式サイトで受け付けている。

photo 観覧車でのテレワークのイメージ

 プランでは、よみうりランドの入場券、プールサイドに設置したテレワーク用特設ブース(テーブル×1、イス×2、デッキチェア×2)、電源、園内Wi-Fiの使用料などをセットで提供する。観覧車に1時間(4周分)乗れるチケットも付属し、利用の際には個別にポケットWi-Fiを貸し出す。

 特設ブースや観覧車の利用時間は午前9時〜午後4時まで。利用者はプランの終了後、閉園までは園内でイベントなどを楽しめる。

photo プールサイドでのテレワークのイメージ

 よみうりランドは「初めての試みで手探りな部分もあるが、お客さまの反応を見つつ新たな工夫を加えていけたら」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.