ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月07日 15時36分 公開

USJ、任天堂エリア2021年春開業へ

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」が2021年春に開業する。

[ITmedia]

 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営するユー・エス・ジェイ(USJ)は10月7日、新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」を2021年春に開業すると発表した。20年夏までの開業を目指していたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期していた。

photo 「SUPER NINTENDO WORLD」公式Webサイトより

 SUPER NINTENDO WORLDは、任天堂のゲームの世界観を再現したエリア。カートレースゲーム「マリオカート」や、マリオシリーズに登場するキャラクター「ヨッシー」の背中に乗ってゲームの世界を巡るアトラクションなどを提供する。

 ゲーム内のギミックを現実世界で楽しめる仕掛けも用意。スマートフォンアプリと連携する有料のリストバンド「パワーアップバンド」を装着し、エリア内に設置されたブロックを叩くと、アプリ上でアイテムやコインを取得できる。

photo
photo 有料リストバンド「パワーアップバンド」とスマホアプリ

 ゲームやアトラクションの他、ショップやレストランを含む複合エリアになるという。

 SUPER NINTENDO WORLDはUSJが新たな目玉として17年から開発し、投資額は約600億円に上る。

 同エリアの開業に先駆け、マリオシリーズの世界観を表現した「マリオ・カフェ&ストア」を16日に園内のハリウッド・エリアにオープンする。キャラクターの「マリオ」「ルイージ」などをイメージしたメニューやグッズを販売する。

photophoto 「マリオ・カフェ&ストア」外観と内装イメージ
photo
photo 「マリオ」「ルイージ」などをイメージしたメニューやグッズを販売

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.