ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年10月09日 13時37分 公開

ドコモとパナ、照明を「5G×クラウド」で操る実験 音楽ライブを盛り上げ“密”も解消

NTTドコモとパナソニックが、10月10〜11日に東京・品川区で行われるイベントに協力。5Gとクラウドを使った演出の実証実験を行う。84個の照明を同時に制御し「非日常的な体験を演出する」としている。光を使って“密”を防ぐ仕組みも試す。

[ITmedia]

 NTTドコモとパナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は10月9日、東京・品川区の天王洲アイル周辺で10〜11日夜に行われるライブイベントに協力し、5Gとクラウドを使った演出の実証実験を行うと発表した。84個の照明を同時に制御し、音楽に合わせたライトアップを行うことで「非日常的な体験を演出する」としている。新型コロナウイルス対策の一環で、光を使って“密”を防ぐ仕組みもテストする。

photo 両社が協力する「キャナルアートモーメント品川2020」

 両社が協力するイベントは「キャナルアートモーメント品川2020」。「東京の水辺で日本の芸術文化を楽しむ」をコンセプトに掲げ、和太鼓やダンス、日本舞踊のライブパフォーマンスを予定している。5Gを使うことで、照明による演出が音に遅れることを防ぎ、ステージと観客の一体感を高める効果も見込む。

photo 光を使った演出のイメージ

 新型コロナウイルスの感染拡大を避けるために、光を使って観客に移動を促す実験も行う。イベント会場に設置したネットワークカメラで会場内の混雑度を検知。混んでいるエリアを赤く照らして警告したり、混んでいないエリアを青く照らして移動を促したり、適度に人がいるエリアを黄色く照らして、リラックスできる雰囲気を演出したりする。

 この演出に加え、全ての来場者に検温を行い、マスク着用を義務付けるなど、通常のコロナ対策も徹底するとしている。

photo 光を使って観客に移動を促す実験も行う

 ドコモは5G環境を構築し、クラウド基盤「ドコモオープンイノベーションクラウド」を提供する。PSSJは照明やカメラを制御するIoTアプリケーションなどを提供し、ドコモのクラウド上で動かす。

 両社は実験の結果を踏まえて、5Gを生かした演出を全国のイベントなどで行っていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.