ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年10月12日 10時12分 公開

Google Meetでの授業中にグループ討論を可能にする「ブレイクアウト セッション」

GoogleのWeb会議サービス「Google Meat」に、会議参加者を少人数のグループに分ける機能「ブレイクアウト セッション」が追加された。まずは教育機関向けエディション「Google Workspace Enterprise for Education」でロールアウト中だ。

[ITmedia]

 米Googleは10月9日(現地時間)、Web会議サービス「Google Meet」の新機能「ブレイクアウト セッション」を教育機関向けプロダクティビティスイート「Google Workspace(旧G Suite) Enterprise for Education」に追加したと発表した。同日から数日をかけてロールアウトしていく。年内には他のGoogle Workspaceエディションでも使えるようにする予定。

 ブレイクアウト セッションは、MeetでのWeb会議中に、参加メンバーをブレイクアウトルーム(小会議室)に分ける機能。授業中に生徒を小グループに分け、グループディスカッションをさせるような目的に使える。小会議室に分けられたメンバーは、簡単に元の会議に再参加できる。

 breakout 教室全体を少人数の「小会議室」に分けられる

 この機能は、教育者からの要望が非常に多かったという。生徒を小グループでのディスカッションに参加させることで、授業への積極的な参加を促せるとしている。

 1回の会議で最大100の小会議室を作成でき、モデレーター(教師)は参加者をランダムかつ均等に分けることも、名前で指定して分けることもできる。

 米MicrosoftのWeb会議サービス「Meets」にも、同様の別室作成機能が10月中に提供の予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.