ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年09月16日 10時36分 公開

Google、Web会議「Meet」用AI搭載ハードウェアキット、2699ドルから

Googleが、Web会議サービス「Meet」専用の企業向けハードウェア「Series One」を11月に発売する。Lenovoと共同開発した専用製品で、AIプロセッサ「Edge TPU」を搭載し、Googleアシスタントでも操作できる。

[ITmedia]

 米Googleは9月15日(現地時間)、同社のWeb会議サービス「Google Meet」専用の企業向けハードウェアシステム「Series One」を発表した。中国Lenovoと共同開発したAI搭載のスピーカーやマイクのキットで、価格は2699ドル(約28万4000円)から。日本でも11月に提供を開始する見込み。

 one 1 「Smart Audio Bar」(上)、「Meet Compute System」(下左)、「Mic Pod」(下中央)、「Touch Controller」(下右)

 キットを構成するのは、Intel i7とGoogleのAIプロセッサEdge TPU搭載でChrome OSベースの専用端末「Meet Compute System」、GoogleのAIで自動的に話者にズームしたりパンしたりする4Kカメラ、やはりGoogleのEdge TPU搭載で、ノイズをキャンセルし、人の声を増幅させる「TureVoice」機能を備えるマルチチャンネルスピーカー「Smart Audio Bar」、会議を開催したり参加したり設定を変えたりするための10.1インチディスプレイ「Touch Controller」、広い会議室用の、タップで操作できる高性能マイク「Mic Pod」、QWERTYキーボード搭載のリモコン。すべてをイーサネットケーブルで接続して使う。また、会議への参加は音声(Hey Google、会議に参加)でも可能。色はチャコールとチョークの2色だ。

 one 2 チョーク

 キットは会議室のサイズに合わせて小中大の3種類。「Small Room Kit」は2699ドル、「Medium Room Kit」は2999ドル、「Large Room Kit」は、3999ドル。

 one 3

 各キットの構成内容についてはLenovoのブログを参照されたい。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.