ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年04月29日 20時35分 公開

Web会議サービス「Google Meet」が誰でも無料に

Googleが、これまでG Suiteユーザーにのみ提供してきたWeb会議サービス「Google Meet」をGoogleアカウントを持つすべてのユーザーに5月上旬から無料で開放する。9月30日までは無料版でも時間制限なしで100人まで参加可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月29日(現地時間)、ZoomMicrosoft TeamsFacebook Roomsなどと競合するWeb会議サービス「Google Meet」を近日中(5月上旬以降)に無料提供すると発表した。

 Google Meetはこれまで、同社のオンラインプロダクティビティサービス「G Suite」の1機能として提供されてきたが、Googleアカウントを持っていれば誰でも、最大100人までの無料Web会議を開催できるようになる。9月30日までは会議時間は300時間、ほぼ無制限だ(その後無料版は60分までになる)。

 meet 1 タイル表示

 なお、G Suite版Google Meetは250人まで参加でき、会議時間は(9月30日以降も)無制限(300時間)だ。

 個人向けのアカウントで作成された会議の場合、「Zoombombing」と呼ばれる会議への割り込みなどを排除するために、一意のURLをクリックするだけではなく、アカウントでログインするようになっている。

 また、カレンダーでの招待で追加されるユーザー以外が会議に参加しようとした場合は、自動的に控え室に入れられる(Zoomの場合は現在、デフォルトで全員が控え室行きだ)。

 Googleは、参加に必要な会議コード(ハイフンで繋げたランダムな10文字で構成)は複雑なものなので、総当たり攻撃での推測は困難だとしている。さらに、ビデオ会議で転送されるすべてのデータは暗号化され、Googleドライブに保存されるすべての録画・録音データも保存時に暗号化される。

 なお、Google Meetを使うユーザーのデータを広告に使ったり、第三者に販売することはない。

 特別なアプリをダウンロードする必要はなく、Webブラウザで会議コード入りのURLを入力し、Googleアカウントでログインすることで会議に参加できる。iPhoneおよびAndroidアプリの場合は、会議コードを入力する。

 meet 2 iPhoneアプリもある

 ログイン方法は以下のGIF動画を参照されたい。


【更新履歴:2020年5月1日午前11時00分 実際にGoogle Meetの会議に参加して分かったことを追加しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.