ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月16日 12時16分 公開

3DCGを裸眼で立体視 ソニーが“空間再現ディスプレイ”発売 実売50万円で

ソニーは空間再現(Spatial Reality )をうたう高精細の裸眼3Dディスプレイ「ELF-SR1」を発売する。実売50万円前後。

[ITmedia]

 ソニーは10月16日、空間再現(Spatial Reality )をうたう高精細の裸眼3Dディスプレイ「ELF-SR1」を発表した。10月31日に実売50万円前後で発売予定だ。

「ELF-SR1」

 15.6型4Kパネルの全面に独自のマイクロレンズを貼り付け、裸眼立体視を可能にした3Dディスプレイの一種。従来の3Dディスプレイと比較してクロストーク(左右の目で見る映像の混濁)を大幅に低減し、3DCGを「実在感のある形で表示できる」という。

独自のマイクロレンズで光を操る
横から見たところ

 パネルの上には高速ビジョンセンサーを備え、視線認識技術で見る人の目の位置を常に検出する。この情報を基にパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成するため、頭を動かせば3DCGの向きが変わる。

 入力はHDMIだが、3D表示には専用のソフトウェアが必要になる。製品サイトで後日案内する予定だ。

 デザインや建築、ゲーム開発の現場での需要を見込み、「Unity」や「UNREAL ENGINE 4」に対応した専用のソフトウェアディベロップメントキット(SDK)を提供する予定。法人専用モデル「ELF-SR1/BZ」も用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.