ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年10月20日 12時40分 公開

米McAfee、選挙候補者の動画がディープフェイクかどうか調べる取り組み 全世界で調査依頼を受け付け

米McAfeeは、米国の大統領選を前に候補者のものとされる動画がディープフェイクで作られた偽物かどうかを判断する取り組み「McAfee Deepfakes Lab」を始めた。各国のメディアなどから無償で調査依頼を受け付ける。

[谷井将人,ITmedia]

 サイバーセキュリティ企業の米McAfeeは、米国の大統領選を前に候補者のものとされる動画がディープフェイクで作られた偽物かどうかを判断する取り組み「McAfee Deepfakes Lab」を10月14日に始めた。米国に限らず、各国のメディアなどから無償で調査依頼を受け付ける。

photo 米McAfeeのWebサイト

 ディープフェイク動画とは、GAN(Generative Adversarial Network)のようなディープラーニングの技術を使って作られた精巧なフェイク動画。選挙候補者のディープフェイク動画が拡散すると誤解による候補者や政党への誹謗(ひぼう)中傷が起きたり、不正確な報道がなされる可能性がある。

 McAfee Deepfakes Labは各国のメディアなどから調査依頼を受け、ディープフェイクで作られた疑いがある動画をチェック。改変された可能性が高い箇所や改変の度合いなどを報告する。依頼はメール(media@mcafee.com)で受け付ける。

photo

 米McAfeeのスティーブ・グロブマンCTOは「マスコミ各社が偽情報を特定し、対策をとれるよう支援することで、有権者が惑わされるのを防ぐ」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.