ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月23日 19時23分 公開

iPhone 12 Pro実機をチェックして分かったiPhone 12との違い、「Pro」の証 (1/3)

サイズは同じ、プロセッサも同じ。では「Pro」の違いとは何か? 詳細に調べてみた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが10月23日に販売開始した新型iPhone「iPhone 12 Pro」実機をチェックした。低価格モデルの「iPhone 12」との違いはどの辺りか、細かく調べてみた。

photo iPhone 12 Pro

 Super Retina XDRディスプレイを採用し、Ceramic Shieldと呼ぶ新しい強化保護パネルを採用している。

 グラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色がラインアップされている。

 カーボン排出量の削減するなどの目的で、USB-C - Lightningケーブルのみの同梱となり、USB電源アダプタやEarPodsは付属しない。

photo iPhone 12 Pro

 同梱アクセサリー削減により、箱は従来と比べかなり薄くなった。Appleは、一度に出荷できる箱の数が増え、全体的な出荷回数の削減につながると説明している。

 金属材料にセラミックスの薄膜を生成させる加工技術PVD処理による光沢をもち、ゴールドに関しては高密度ミクロ波コーティング処理がされている。

photo iPhone 12 Pro

 背面はガラスパネルが使用され、マグネットを使用した「MagSafe」にも対応している。

 背面カメラは、1200万画素センサーを採用した、f/2.4絞り値の超広角カメラ、f/1.6絞り値の広角カメラ、f/2.0絞り値の望遠カメラと、LiDARスキャナーを搭載している。

 iPhone 12 Proのディスプレイは、Super Retina XDRディスプレイ、6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ、2532×1170ピクセル解像度、460ppiという仕様。

photo iPhone 12 Pro

 HDRディスプレイ、True Tone、広色域(P3)、触覚タッチ、200万:1コントラスト比(標準)、最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1200ニト(HDR)はiPhone 11 Proと同じだ。

 iPhone 12 Proには、ブラック、グリーン、ブルー、ホワイトの4色のボディーカラーに合わせた専用Live壁紙が用意されている。

photo iPhone 12 Pro:Live壁紙

 これらの壁紙を使用するには、設定>壁紙>壁紙を選択>Liveにアクセスする。

 iPhone 12 Proの設定>モバイル通信>通信のオプション>音声通話とデータに、5G/4Gネットワークへの接続設定として「5Gオン」「5Gオート」「4G」が用意されている。

photo iPhone 12 Pro:音声通話とデータ

 「5Gオン」はバッテリー残量に関係なく積極的に5Gネットワークに接続し、「5Gオート」はバッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合のみ5Gネットワークに接続する。

 iPhone 12 Proの設定>モバイル通信>通信のオプション>音声通話とデータ>データモードに「5Gでより多くのデータを許容」「標準」」「省データモード」が用意されている。

photo iPhone 12 Pro:データモード

 「5Gでより多くのデータを許容」は5Gモバイル通信ネットワークに接続している場合に、より高品質のビデオおよびFaceTimeが利用できる。

 「標準」では、モバイル通信上での自動アップデートとバックグラウンドタスクは許可されるが、ビデオおよびFaceTimeの品質は制限される。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.