ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月24日 16時03分 公開

ポケモンGOで「ハロウィンイベント」始まる 「メガゲンガー」実装、仮装したポケモンたちも出現中

ポケモンGOで24日から恒例「ハロウィンイベント」が始まりました。仮装したポケモンたちが野生やレイドに登場しています。

[本田亜友子,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で、10月24日から恒例の「ハロウィンイベント」が始まりました。ゴーストタイプのポケモンが普段より多く出現し、仮装したポケモンたちが野生やレイドに登場しています。

「メガゲンガー」レイド

 今回のイベントで初登場となるのが「メガゲンガー」、ガラルのすがたの「デスマス」とその進化形「デスバーン」、色違いの「ミカルゲ」、仮装した「ヤミラミ」と「ゲンガー」です。ヤミラミは「ヒトモシの帽子」を被った姿、ゲンガーは頭にボルトのようなものが刺さった衣装です。

仮装した「ゲンガー」(写真=左)と「ヤミラミ」(写真=右)

 事前の発表資料にはなかったのですが、昨年のハロウィンイベントに登場したコスプレ衣装の「ピカチュウ」「フシギダネ」「ヒトカゲ」「ゼニガメ」も再び出現しています。ピカチュウは野生でも出現しています。

 デスマス(ガラルのすがた)は、ハロウィン限定のスペシャルリサーチ「怨念の謎を解け!」の報酬として入手できます。「ミカルゲ」はポケストップから取れるフィールドリサーチ(あくタイプのポケモンを18匹捕まえる、ゴーストタイプのポケモンを18匹捕まえる)などで出現します。

仮装したゲンガーのレイドに注意

 ハロウィンイベントの開始とともに「メガレイド」にはメガゲンガーが追加されました。バトル中はメガゲンガーの姿ですが、ゲットチャレンジではコスプレのゲンガーとなります。

 注意したいのは、24日からゲンガーのレイドも始まったことです。こちらはメガゲンガーに比べると倒しやすく、ゲットチャレンジに仮装したゲンガーが現れるのは同じです。ただし、メガゲンガーのレイドと異なり「メガエナジー」は入手できません。メガシンカを目的にレイドに参加する場合は注意してください。

 ゲンガーをメガゲンガーにメガシンカさせるには、200個のメガエナジーが必要です。24日から「今日のまとめ」にも「メガゲンガー」と題したリサーチタスクが登場していて、クリアするとゲンガーのメガエナジーなどを獲得できます。

 ハロウィンイベントの期間は10月24日から11月4日午前11時まで。期間中はポケモン捕獲時と博士に送ったときにもらえるアメが2倍になっています。ポケモンボックスの整理をしたい人はチャンス。また「GOスナップショット」でポケモンを撮影すると他のポケモンが映り込む「フォトボム」もあります。

「フォトボム」とゾンビのポーズ

 この他、ハロウィンイベントに合わせて、ゲーム内ショップにはアバター用の新しい着せ替えアイテムも登場しました。「きぐるみゲンガー」「ゴーグルヤミラミ」、ゾンビのポーズなどがあり、組み合わせを考えるのも楽しそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.