ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年10月27日 14時59分 公開

次のAirPodsは「うどん」「チンアナゴ」じゃなくなる?

「うどん」「チンアナゴ」と揶揄されたAirPodsの軸部分が短くなったり、無くなったりするという噂。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 AppleはAirPodsの爆発的な人気を背景にAirPods Pro (2nd generation) 、AirPods (3rd generation) を開発中で、早ければ2021年に発表されるかもしれないと、Bloombergが伝えている

 AppleはHomePodとHomePod miniの間に位置する別のスマートスピーカーを発売することも検討しているという。

 AirPods (3rd generation) は、AirPods (2nd generation) のデザインを踏襲しつつ、軸部分は短くなり、イヤーチップは交換可能になるようだ。

photo 軸部分が短くなるというAirPods

 AirPods Pro (2nd generation) は、軸部分をなくしたモデルも開発中で、プロトタイプでは耳に埋まる丸いデザインのモデルが存在する模様。ワイヤレスアンテナとマイクを内部に収納し、ノイズキャンセリングを組み込むという野心的なモデルになるようだ。

photo 次のAirPods Proは軸がなくなる可能性も

 Appleはハイエンドのノイズキャンセリング・オーバーイヤーヘッドフォンの発表を予定しているが、これは過去2年間でいくつかの開発課題に直面しており、何度も発表が延期されてきたという。

 このヘッドフォンは数週間前に生産に入る予定だったが、テストでヘッドバンド部分きつすぎると判断されて延期になったと情報筋。また、ヘッドフォンの側面に大きなタッチパッドを搭載する計画だったが、そのサイズを縮小。初期コンセプトの特徴であったパーツ交換機能の一部を不採用にしたようで、最新版ではイヤーパッドは交換可能だがヘッドバンドは交換出来ない可能性が高いと伝えている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.