ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月30日 13時20分 公開

飲食店の席からスマホで注文・支払い 「PayPayテーブルオーダー」、大阪でスタート

PayPayで飲食店の座席から注文や支払いができるサービス「PayPayテーブルオーダー」が大阪府の一部店舗で始まった。

[ITmedia]

 PayPayは10月30日、モバイル決済サービス「PayPay」で飲食店の座席から注文や支払いができるサービス「PayPayテーブルオーダー」を大阪府の一部店舗で始めた。

photo 「PayPayテーブルオーダー」のアイコン

 来店者はPayPayアプリの「テーブル注文」アイコンをタップし、PayPayテーブルオーダーを起動。飲食店の座席に設置された注文用QRコードを読み取り、テーブル番号を入力すると、アプリに商品のメニューが表示される。注文したい商品や数量を選ぶと、店舗が商品を提供。ユーザーが商品受け取り完了通知を押すと支払いが完了する。

photo 注文から支払いまでアプリで完結する
photo 注文用QRコード

 来店者は不特定多数の人が触れるメニューに触れずに、自身のスマートフォンで注文を行える。店側も従業員がテーブルを回って注文を取ったり、レジで会計の対応をしたりする必要がなくなるため、人との接触機会を減らしながら、業務の効率化を行えるという。

 対象は、大阪府が新型コロナウイルス対策を目的にキャッシュレス化を進める「大阪おおきにアプリ事業」の加盟店のうち、PayPayテーブルオーダーの申し込みをした店舗。対象店舗は、2022年3月31日までプラットフォーム利用料や決済手数料を無料で利用できる。

 PayPayの利用者数は3300万人を突破(10月19日時点)。今後も同社は、ユーザーや事業者にとって利便性の高いサービスや機能を提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.