ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年10月26日 12時41分 公開

PayPay、「ミニアプリ」のAPIを公開 アプリ内アプリの開発が簡単に

PayPayが、モバイル決済サービス「PayPay」のミニアプリを開発するためのAPIを公開。外部ECサイトやアプリのオンライン決済に、PayPayを使えるようにする開発者向けサイトで提供する。

[ITmedia]

 PayPayは10月26日、モバイル決済サービス「PayPay」のミニアプリを開発するためのAPIを公開した。外部ECサイトやアプリのオンライン決済に、PayPayを使えるようにする開発者向けサイト「PayPay for Developers」で提供する。

photo 「PayPay」のミニアプリを開発するためのAPIを公開

 ミニアプリは、PayPayのパートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文などを、ユーザーがPayPay内で行える機能。現在は「PayPayモール」「PayPayフリマ」「タクシー配車」「ボーナス運用」「お金を借りる」「Uber Eats」を利用できる。

 APIの公開によって、ミニアプリで自社サービスを展開したい企業は簡単にサービスを開発できるようになるという。PayPay上でミニアプリと自社サービスを連携することで、新規顧客の獲得や利用者の拡大につなげられるとしている。

 利用にはPayPay for Developersへの登録と、加盟店の申し込みが必要。申し込みが完了すると、API連携できる本番環境や開発環境を使える。

 PayPayの利用者は10月19日時点で累計3300万人を突破。今後も多くの企業が提供するサービスをミニアプリとして提供し、ユーザーの利便性を高めたいとしている。

photo PayPayの利用者は累計3300万人以上(10月19日時点)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.