ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2020年11月02日 11時55分 公開

VTuber支援の「upd8」、年末で終了 「事業的に継続が難しくなった」

Activ8が、バーチャルタレント支援プロジェクト「upd8」を12月31日に終了する。終了の理由は「事業としては力不足で黒字にできなかった」としている。

[谷井将人,ITmedia]

 バーチャルタレント事業を手掛けるActiv8(アクティベート、東京都渋谷区)は11月1日、バーチャルタレント支援プロジェクト「upd8(アップデート)」を12月31日に終了すると発表した。終了の理由について、同社の大坂武史CEOは「事業としては力不足で黒字にできなかった」としている。

photo

 upd8はバーチャルタレントと広告主の仲介や、グッズ展開の支援などを行うプロジェクト。過去には「キズナアイ」や「YuNi」などが参加していた他、現在も「のらきゃっと」「魔王マグロナ」「おめがシスターズ」など20組以上のタレントが支援を受けている。

 4月にはキズナアイが独立して新会社「Kizuna AI」を設立。YuNiも8月にレコード会社「トイズファクトリー」(東京都渋谷区)に移籍するなどタレントの脱退が続いていた。

photo キズナアイのWebサイト

 Activ8によると、参加タレントは今後も活動を継続。同社はバーチャルタレントの支援で培った技術を応用した番組制作、B2B領域での事業展開を行っていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.