ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年11月11日 18時32分 公開

ツイキャス、配信者が有料コミュニティーを運営できる新機能 会員限定で配信OK、月額料金は最大1万円

ツイキャス運営元のモイが、ツイキャス配信者が有料ファンコミュニティーを主催・運営できる新機能をリリース。主催者は500円〜1万円(税込)の月額料金を設定可能。有料会員限定でツイキャスやコンテンツ(画像・動画・URLなど)も配信できる。

[ITmedia]

 ライブ配信サービス「ツイキャス」を手掛けるモイ(東京都千代田区)は11月11日、ツイキャス配信者が有料ファンコミュニティーを主催・運営できる新機能「メンバーシップ」をリリースした。主催者は500円〜1万円(税込)の月額料金を設定し、有料会員限定でツイキャスやコンテンツ(画像・動画・URLなど)を配信できる。

photo 「ツイキャス」に有料ファンコミュニティーを作れる機能が登場

 現在は主催者の登録を受け付け中で、27日に一般ユーザーの入会手続きを解禁する。有料コミュニティーを主催できるのは、日本在住かつ18歳以上で、直近3カ月の累積視聴時間が100時間を超えている配信者のみ。同時に運営できる有料コミュニティーは3つまでとする。

photo 有料ファンコミュニティーの仕組みのイメージ

 有料会員向けの特典は、メンバーだけが視聴できるツイキャス配信に加え、シリアルナンバー入りのデジタル会員証、アカウント名の横に設置する会員バッジ、限定アイテムなど計5種類。これら全てを提供する必要はなく、特典の内容は主催者が自由に選べるとしている。

 会費の支払い方法は、クレジットカード決済とアプリ決済(iOS/Android)の2種類。モイは収益の一部を手数料として受け取り、残った金額を主催者に支給する。主催者が受け取れる金額は、クレカ決済の場合は月額料金の80%、アプリ決済の場合は60%。

photo 会員限定の特典

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.