ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年06月04日 12時15分 公開

ツイキャス運営のモイ、音声SNS「パルミン」公開 2Dアバター同士で通話

ツイキャス運営のモイが、2Dアバターを介して音声通話ができるSNS「パルミン」をリリースした。コミュニケーションがとりやすくなるよう、顔出しせずに交流するサービスとして開発したという。

[谷井将人,ITmedia]

 ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイ(東京都千代田区)は6月4日、2Dアバターを介して音声通話ができるSNS「パルミン」をリリースした。コミュニケーションがとりやすくなるよう、顔出しせずに交流するサービスとして開発したという。対応機種は現時点でAndroidのみ。

photo

 300種類のパーツを好みに応じて組み合わせたアバターを介して、トークルーム内で他のユーザーとチャットや音声通話によるコミュニケーションが行える。同時通話は3人まで。ハッシュタグを使って同じ趣味を持つ人と交流する機能も備える。

photo

 モイは、見知らぬ人と通話する“暇つぶし系トークアプリ”で、顔出しが暗黙の了解となり、気軽にコミュニケーションが取れないという課題があるとしてパルミンを開発。ツイキャス利用者の間で根付いている、Webカメラの映像ではなく画像を画面に表示して音声のみで通話する“イラスト通話”の文化に着目したという。

 今後は、海外に向けたサービス展開やアニメとのコラボを行う他、ユーザーによるアバターパーツの投稿機能などを追加する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.