ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月12日 15時50分 公開

猫舌専用タンブラー登場 吸熱剤で飲みやすい温度に、1時間キープ

ドウシシャが熱い飲み物の温度を下げる「猫舌専科タンブラー」を発売する。新たに吸熱剤の層を設けた真空3層構造。80℃の飲み物が3分後には約67℃の“飲み頃”に。

[ITmedia]

 生活用品の開発製造を手掛けるドウシシャ(大阪市中央区)は11月12日、熱い飲み物の温度を下げる「猫舌専科タンブラー」を発表した。11月中旬から直販サイトや全国の量販店で販売する。直販価格は2750円(税込)。

「猫舌専科タンブラー」は4色
内部構造と保温性能の検証結果

 真空断熱層の内側に吸熱剤を入れた真空3層構造タンブラー。80℃の飲み物を入れると3分後には約67℃になり、1時間は60℃台をキープするとしている。

 容量は330mlで、ふたはスライド式。ボトルの口径が80mmと広く、パーツは分解できるため、隅々まで洗える。

 ドウシシャは保温に優れたステンレス製真空2重構造タンブラーを製造販売しているが、猫舌の人から「熱すぎて飲めない」という声が上がっていたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.