ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年11月13日 09時46分 公開

Pythonの生みの親、グイド・ヴァンロッサム氏、「引退は退屈」とMicrosoft入り

昨年Dropboxを退社し「引退する」としていたPythonの生みの親、グイド・ヴァンロッサム氏(64)が、「引退は退屈だと判断した」とMicrosoft入りを発表した。同社最高位エンジニア「Distinguished Engineer」として開発部門に参加する。

[ITmedia]

 Pythonの生みの親であるグイド・ヴァンロッサム氏(64)が、米Microsoftに入社すると自身のTwitterアカウントで発表した。


 「引退するのは退屈だと判断し、Microsoftの開発部門に参加した。何をするために? やりたいことはたくさんある! Pythonの使い勝手が改善されることは確かだ(Windows版だけじゃなくね)。Microsoftは多数のオープンソースプロジェクトを擁している」(意訳)

 同氏は昨年11月、当時勤めていた米Dropboxを退社し、引退を表明した。約1年たち、引退は退屈だと判断したということのようだ。

 ヴァンロッサム氏はMicrosoft傘下のLinkedInでも、既に履歴にMicrosoftを追加している。肩書はMicrosoftのエンジニアとしては最高位の「Distinguished Engineer」だ。

 guido グイド・ヴァンロッサム氏のLinkedIn

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.